脇を美しく見せるためにするべき事

脇を美しく見せる為に第一に脇の脱毛をしなければなりません。
カミソリやシェーバーを使った自宅での日々の脱毛処理は、かみそり負けで肌が赤くなったり摩擦刺激によって肌に負担がかかり黒ずみの原因になります。

そこで、エステサロンの光脱毛や家庭で気軽に出来る家庭用脱毛器をおすすめします。
エステサロンの光脱毛の仕組みは、毛根にある黒いメラニン色素に光を照射する事によって毛根が破壊されて毛根からスルっと毛が抜け落ちます。

しかし残念ながら1回の脱毛施術では、一部分の毛しか抜けませんし、効果も感じにくいですが徐々に施術回数を増やすごとに効果を実感してくるはずです。個人差がありますが6回~10回程度施術すると毛が殆ど無くなってきます。

しかし脱毛終了後数年のブランクが空いたら、ひょろっとした毛がポツポツ生えて来てしまう事もあるのでそういう場合に家庭用光脱毛器をおすすめします。

例えば、口コミの評価が高い家庭用脱毛器ケノンは、自宅でも気軽にエステサロンと同じような効果が得られる高性能の脱毛機器です。自分の毛量、毛質のレベルに応じて1~10段階の光の強さを選べます。

痛みに弱い人は、最初はレベルが小さい光で照射していくと良いです。また早く効果を出したい人は、レベル10の一番強い光で照射していきます。照射の間隔としては、ご自身の発毛サイクルに合わせて進めていくと良いです。

私自身は、1年間くらいの間に1週間から2週間に1回のペースで照射していました。
その効果は、絶大でエステサロンの後にポツポツ生えてきた毛もほぼ無くなり、カミソリで剃る機会が無くなりました。

脇毛が無くなったら、第二に美白化粧水や保湿クリームでしっかり保湿し肌に潤いを与えます。長年の自己処理による黒ずみがなかなか消えなくて悩んでいる方もいると思いますが、根気よく保湿していってください。

もし、一時的に今日はどうしても黒ずみを隠し脇をきれいに見せたいという時は、とっておきの秘策があります。それは、マーシュ・フィールドSCボディカバーファンデを塗る事です。このボディー用ファンデは汗、水に強く時間が経っても取れにくいという点が支持されています。

その他にも黒ずみ専用の保湿ジェルなどスキンケアを使用することもおすすめします。脇の肌を保湿してくれて、肌の新陳代謝を高めてくれます。脇の黒ずみを消す解消法

こういったファンデや黒ずみスキンケアを使うと、悩んでいた色素沈着した黒ずみもきれいに消せるのでとても便利です。
以上のように脇を美しくするには時間と手間がかかりますが、脇が美しくなると自信を持ってノースリーブや半袖を着れますしファッションの幅も広がり女子力アップ間違いないです。

脇の黄ばみとの戦い

主人が長い間、脇の匂いとシャツの黄ばみで悩んでいました。
匂いは高校生くらいの時に、お母様に指摘されて気付いたようです。かなりショックだったようで、それからは、出掛ける前のシャワーとコロンは欠かさないようにしているそうです。

大学時代に私に会った時も、彼からは柑橘系の良い匂いが漂ってきていて、身だしなみに気を付けている人なんだな、そういうスタイルなんだなと思っていましたが、付き合ってからそういう話を聞かされ、彼の清潔さはオシャレとは何も関係がなく、深刻な悩みから来るものだったことが分かりました。

その後結婚してから、毎日彼のワイシャツと肌着のシャツを洗い、干して、アイロンを当てるようになりましたが、不思議と彼の肌着の脇の部分が黄ばむのです。オロナミンCをこぼしたかのような黄色で、自分では体験したことも見たこともない現象で頭は「?」でいっぱいでした。

男の人はこうなのか?と、母に聞いてみたところ、父の肌着はそんな風になったことは1度もないそうです(父の脇は全くの無臭です)。ということは、何故こうなるのかは分かりませんが、この彼の脇の匂いと関係があるとしか思えません。彼もそう自分で確信していました。

最初は黄ばんできたら雑巾にしてから捨てていたのですが、結構なスピードで黄ばんでいくので(多分3か月くらいでしょうか)脇以外はまだまだ使えるのにもったいなく感じ始め、何とかこの黄ばみが落ちないかと思い、そこからしばらくは黄ばみ相手に奮闘しました。(主人は肌が弱く、脇汗パッドは肌が荒れてしまうので使えなかったんです)

最初は漂白剤を使っていましたが、あまり落ちませんでした。
正攻法がダメな黄ばみ相手に一瞬どうすれば良いか分からなくなりましたが、でも恥ずかしくて友達には聞けないし、インターネットで色々調べて、片っ端から試してみました。

重曹を使ってみたり、皮脂も油の一種なんだから熱湯に弱いんじゃないかと、流しに置いて熱湯をかけてみた後に洗剤を直接使ってみたり、お酢につけてみたり、何と台所用洗剤も効くと聞いて、それで洗ってみたこともありました。

私の主人の脇の黄ばみには、1番効いたのが「ウタマロ石鹸」というエメラルドグリーンの固形石鹸です!とっても良く落ちました!

2番目は台所用洗剤です。熱湯をかけてから触れるくらいに冷ましてから洗うと結構落ちました!自分なりの解決法を見つけるまで1-2週間かかり、私の戦いは終わりました。
今ではちゃんとシャツの寿命がくるまで使い切ってあげています♪

脇部分をなるだけ適度に乾燥させていくワキガ対策の方法

一般的に、ワキガのあり方自体は、常に脇部分が外気には触れず蒸れなどを起こしたりして、そのうえで脇部分の皮膚細胞が腐食などをしたりしてなるようなカタチが良い例といえます。

それ以外にも、その本人自身の栄養バランス状態や食生活、生活習慣のあり方とかも原因であるといえますので、それらへの対策なども兼ねて、同時にまずは脇部分をなるだけ外気に触れさせていくような対策の立て方などが必要になってくるものと考えられます。

そこで、まずは一番身近で簡単に短時間で出来るような対策としては、脇部分をなるだけ乾燥させるような状態に保つことが可能な、ドライ繊維製の下着の着用による対策が挙げられます。

これは材質的にも人体の肌の皮膚部分を体温を逃がしたりしないような状態で、常に適度な乾燥状態に置いていく働きを持つ仕組みになっていますので、夏場などには大変持って来いの貴重なアイテムの1つといえます。

そして、たまたま汗などをかいたりした場合には必ず、時間がある時などに上着や下着などを着替える習慣を身に着けておくことがとても大事です。

この動作には、なるだけ身体上の汗などによる余計な上半身部分においての湿り気などを防ぎ、それにより皮膚が湿り悪臭を放ったりするような状態になることを防ぐといったような意味などもありますので、この習慣はそうした面でとても効果的といえるものといえます。

そして3つ目は、なるだけ日頃から緑黄色野菜を食べる習慣を身に付けることが挙げられます。これらの野菜類には、なんと体臭面においての悪臭防止効果をもつものなども少なくはありませんので、1日あたり必ず1食は摂るよう心掛けていく姿勢がとても大切といえます。

事実、ポリフェノールなどは抗酸化物質であり、余計な悪臭化したりする体臭の調整効果による防止を促したりするような働きがありますので、必ず摂るべき成分であるといえます。

そして、同時に野菜を摂る事により新陳代謝を促進して排尿や排便などによっても、余計な悪臭成分などを体外へ排出をしたり出来ますので、そうした働きにおいての面においても、やはり摂るべき存在であることには間違いがありません。
もちろんこれなどはワキガにも大きな防止効果をもたらします。

以上のように、それぞれの3つの方法による心掛けによる方法を行うだけでも、かなりなワキガに対する防止になりますので、ようく覚えておいた方が良いかもしれません。

ただし、これらの方法を行うだけでもそのタイミングを計るのが実際には難しいので、その点が大きな課題であるといえます。

脇はワキガなどの臭いだけでなく、美しくしたいですよね。そんな方には、こちらの記事も合わせてお読み下さい。脇を美しく見せるためにするべき事

両ワキの脱毛と臭いの関係!私の肌トラブル対策

30代後半の女性です。私は子供の頃から非常に肌が弱く、大人になってからも全身の肌の敏感さに悩まされています。その中でも「かゆい」「臭い」「気になる」「見た目に響く」と、ネガティブポイントが盛りだくさんなのが、両わき部分のトラブルです。

そもそも私は、両わきの脱毛ケアが嫌で嫌でたまりませんでした。両わきはひざ下など他のムダ毛部位と異なり、でこぼこでくぼみがあるので、脱毛行為自体が非常に困難です。

ここまでくぼんでいる部分に、T字型のカミソリで皆さんいったいどうやって脱毛を施しているのかが不思議でなりません。個人的な意見ですが、各社カミソリメーカーは、くぼみに合わせた幅1センチほどのミニT字カミソリや、羽が丸くカーブした逆U字剃刀を製作すべきだと思います。

それは置いておいて、とにかく現行のT字カミソリでの両わき脱毛は非常に疲れます。このことが原因で、「七分袖やカーディガンを着れば隠れるから」と露出機会を少なくして、ムダ毛を放置するような20代を送ってしまいました。

このように中途半端に・あるいはボーボーに両わきを放置していると、分泌腺から出る汗は脇のムダ毛にからめとられ、たまってしまいます。これが原因で、夏場の汗疹や乾燥する季節の肌荒れ・湿疹が絶え間なく発生していました。こうした肌トラブルが慢性化すると、さらに恐ろしい事態となります。それは両わきの臭い。

これはワキガ体質でない人でも簡単に陥る落とし穴なので注意していただきたいのですが、肌荒れは実は体臭の元凶になるのです。荒れた皮膚上には、汗と一緒に排出された体内の塩分や、老廃物がこびりついて堆積していくのです。こういったものを養分として雑菌が繁殖していくと、その副産物でガス、つまり悪臭が発生してしまうのです。

私はワキガ体質ではありませんでしたが、両わきの脱毛ケアを怠った経緯で、嫌な脇臭に悩まされる結果となりました。元々の敏感肌が、それを助長させてもいたのです。

近年は心を入れ替え、年がら年中両わきの脱毛は欠かさずしています。T字カミソリ使用なのは変わりませんが、まめに刃を取り換える、脱毛の後は温泉水のスプレーや、低刺激の保湿クリームで肌を保護する…などの手間を惜しみません。

この甲斐あって、にじみ出る脇汗はそのまま木綿の肌着によく吸湿されるようになり、両わきの肌から嫌な臭いがすることはなくなりました。時々酸素系の洗浄剤で軽く漂白をしているため、そういった肌着に臭いやシミが残ることもありません。

両わきのケア自体は2・3日に一度ですが、このペースが自分には一番よく合っているように感じられます。忙しい日には面倒にも感じますが、手間はかけただけ自分に返ってくるものですから、今後も地道に取り組んでいきたいと考えています。

夏だけではない脇の匂い

暑くなると汗をかきます。そこで気になるのが匂いですよね。
特に脇の匂いです。脇の汗シミも気になりますが汗シミはTシャツの色などでごまかすことができます。逆にごまかせない色を着ている人はどうかと思います。しかし、匂いはごまかせないです。

確かに一瞬はデオドラントなどでごまかせるかもしれませんがそれはほんの一瞬だと思います。スプレータイプや塗るタイプがありますがまだ塗るタイプの方が持続するように思います。

脇の匂いの臭い人は多分自分ではわかっていないので何気に気を使います。臭い素振りをするにもいかないですし、まだ外なら我慢できますが屋内だったり車の中だったら最悪です。

さほど暑くもないのに窓を全開にするにもいかずひたすら我慢です。はっきり言った方がいいのですかね。でも自分がなりたくてそうなったわけではないですから仕方ありませんでした。

ワキガのひどい所は暑い時だけではなく寒い冬の時でも匂います。ある程度服をたくさん着ている冬は匂いをシャットアウトしますが敏感な人は気がつきます。

もしこれが彼女だったらどうしますか。すごく好きで結婚したい、でもワキガです。
どこの匂いもそうですが自分の嫌いな匂いだったら引きませんか?口臭もだし脇の匂い、足の匂い、デリケートゾーンの匂いなどで嫌になるかもしれません。脇の匂いのひどい人は病院で治るのでしょうか。

男性でも女性でもワキガはかなりキツイです。ほとんどの女性は脇の毛を処理すると思います。自分は脇の毛が原因で匂いごするのかと思っていましたが脇の毛のない綺麗な脇の女性でもワキガの人はいます。

逆に脇の匂いじゃなかったらどこの匂いと思ってしまいます。香りのデオドラントやフレグランスなどをつけると匂いが混ざって余計に具合の悪い匂いになります。

それを本人はわかっていません。匂いを匂いでごまかそうとすると余計に臭いです。お風呂で丁寧に洗っても匂いがないのはその時だけです。

デリケートゾーンの匂いの臭い人は病気なかかっていると聞きますが脇の匂いは持って生まれたものなのでしょうか。人誰しも汗をかけば多少は汗臭くなります。

ワキガの人は汗をかいていなくても匂いがする。ほぼ一年中です。病院に行っても治らないからワキガの人が減らない。新しいタイプのデオドラントだけが進化する。

であればデオドラントの持続性をもっと考えるべきだと思います。一瞬でなくせめて会社にいる時間ぐらの持続性が欲しいと思います。